不動産 仕事内容

不動産の仕事内容について

不動産と言っても、実に様々な仕事の種類があります。建物や土地などに付加価値を与え、町を生み出す「開発」に関わるお仕事や、建物や土地とお客様を結び、町を活性化させる「流通」のお仕事。他には建物や土地の価値を維持し、町の運営や管理業務までを行う「運営管理」、そして会社に利益を生み出す「投資信託」といった4つの仕事内容に分かれます。どうしてもイメージ的に、引越しの際に家を紹介するだけと思われがちですが、多方面に渡りお仕事をしているんですね。さて、不動産業界で働きたい人にオススメの資格があります。一つは宅建です。宅建をもっていないとお仕事に支障がでる可能性もありますので、取得をオススメします。他にも不動産鑑定士、土地家屋調査士、マンション管理士などの資格があれば、将来独立して自分の会社を開業するときなどにも役立ちそうです。でも一番大事なのは、やはりお客様の生活に関わるという責任感を持って仕事に取り組むことだと思います。

Copyright© 不動産 仕事内容 All Rights Reserved.