不動産 仕事内容

賃貸の不動産業者の仕事内容

不動産業には賃貸と売買、または建売といった業態がありますが、賃貸の場合の仕事内容をご紹介します。まず賃貸業の場合には、物件を仲介して貸すということを目的としているので、顧客対象としては、もちろん部屋を借りに来た方なのですが、他にも大家も業者にとっても顧客になります。つまり仕事内容のほとんどは、賃貸物件を探すということと、その部屋を貸し出す契約を取り付けるということがメインになります。他には部屋のメンテナンスや物件の紹介をするためにポップをつくったり、やWEBで公開をしたりもするのですが、これらは契約をするために必要な作業なので、メインとなる仕事の合間にされていることがほとんどです。そして基本的にはメールチェックや電話応対、来客対応などで忙しく動き回るので、ほとんどの時間は営業所に留まることになるのです。他には退去の手続きや、更新の通知などの作業もあります。ですので1人に対して、入居から退去までの手続きをすることになるのです。

Copyright© 不動産 仕事内容 All Rights Reserved.