不動産の仕事内容は、すぐに覚えられます。

物件の紹介などを行う不動産の仕事は、専門的な資格がなくても働くことができます。不動産の仕事内容は、お客様の案内や契約などをメインに行う営業職と、インターネットに物件を登録したり、電話対応や来客対応をする事務職があります。営業職の場合は、週末に物件のオープンハウスを開催したり、そのための設営をしたりと、土日は基本的に出勤する場合が多いです。また、チラシ作りや捨て看板を作成するのも営業の仕事となります。物件に申込みが入った際は、契約から決済までを同行し行います。銀行とのやりとりや法務局に足を運んだりと、忙しく動き回ることが多いですが、慣れてしまえば流れは同じなので簡単です。事務職の仕事内容は、主に内勤となりますが、営業マンのアシスタントをすることもあります。また、銀行へ支払いに行ったり図面を作成したりと、慣れてくると仕事の幅も広がります。営業職も事務職も、一度覚えてしまえば同じことを繰り返すだけなので、すぐに覚えることができます。

ランドスケープデザイン×セラピーの庭

50年先を考えた一戸建て造り

東京23区のタワーマンション賃貸物件特集 | 高級賃貸.com

東京の空室賃貸物件を簡単検索

選ばれ続けて20年の外壁塗装リフォーム会社「マイスターホーム」

Copyright© 不動産 仕事内容 All Rights Reserved.